依藤産婦人科医院

− クリニック紹介 −医師紹介

依藤産婦人科医院の診察室

医師紹介

依藤 崇志

依藤 崇志Takashi Yorifuji

新しい命の誕生は、ご家族様の幸せな日々の大切な1ページとなります。その瞬間に立ち会えること、かけがえのない大きな喜びに包まれた現場が好きで産科医をやってまいりました。

しかし妊娠・出産は、急に母子ともに危険な状態に陥ることがあります。私は、妊婦様がもつそのリスクを可能な限り回避させ、不安以上に安心をご提供したいと思います。リスクをご説明することは、大事なことです。しかしそれは、私たち医療者の免責のためではなく、妊婦様、ご家族様、そして医療者が、一緒にそのリスクを共有し、それに備えることで、リスクに伴う不安よりも、備えによる安心をご提供するためだと私は考えます。そして皆様の快適なマタニティライフと出産のお手伝いをさせていただきたいと思います。

私は、産科医としての究極的使命は、妊娠・出産・育児を通して、お父様とお母様がお子様への愛情を育む過程を支えていくことだと考えています。ご両親様からの限り無い愛情は、生まれてくるお子様の健やかな成長に欠かせません。そしてこれは世代を超えて、また次の世代へ受け継がれていく大切なことです。

近年、産後うつや父性・母性の構築不足から、育児放棄、乳幼児虐待となるケースを耳にします。特に産後うつは、本人の苦痛だけでなく愛着障害と関連し、お子様の心の発達に影響を及ぼすことが知られています。妊娠中から産後を通した、お母様のメンタルヘルスケアは重要です。当院で出産されたお母様、出生されたお子様が、そのようなことにならないようにサポートさせていただくことも、私達の大切な役割です。

きめ細やかな診療に心掛け、ご相談しやすい医院をご提供いたします。そのための知識と環境の充実、これこそが次世代の産婦人科医療に求められるものであり、最大のアメニティーと考えます。

クリニックを開設します「上足洗」の地は、昔「千代田村」の一部でございました。生まれてくる子供達が十や百の代ではなく、千の代まで健やかに長生きできますように、そんな願いを込めております。よろしくお願い申し上げます。

  • 医学博士
  • 母体保護法指定医
  • 静岡市静岡医師会理事
  • 静岡県産婦人科医会理事
  • 静岡市産婦人科医会理事
  • 順天堂大学産婦人科学講座 非常講師
  • 日本産婦人科学会 産婦人科専門医
  • 日本周産期新生児学会 母体胎児専門医/指導医
  • 日本超音波医学会 超音波専門医/指導医
  • 日本周産期新生児学会 新生児蘇生法普及事業(NCPR)認定インストラクター
  • NPO法人日本周産期医療支援機構(ALSO) プロバイダーコース認定 インストラクターコース受講
  • 日本母体救命システム普及協議会(J-CIMELS)ベーシックコース認定
略歴
  • 平成15年3月 順天堂大学医学部医学科卒業
  • 平成15年4月 順天堂大学産婦人科学講座入局
  • 平成15年10月 賛育会病院 産婦人科勤務
  • 平成16年10月 埼玉医科大学総合医療センター 母子周産期センター勤務
  • 平成17年10月 順天堂大学静岡病院 新生児科(NICU)勤務
  • 平成18年1月 順天堂大学医学部付属順天堂医院 産婦人科勤務
  • 平成19年4月 順天堂大学大学院 外科系産婦人科学講座入学
  • 平成22年3月 順天堂大学大学院卒業 医学博士授与
  • 平成22年4月 順天堂大学産婦人科学講座 助教
  • 平成26年7月 順天堂大学産婦人科学講座 非常勤助教
  • 平成29年4月 順天堂大学産婦人科学講座 非常勤講師
  • 平成30年1月 静岡市産婦人科医会監事
  • 平成30年6月 静岡市静岡医師会理事
  • 令和2年1月 静岡市産婦人科医会理事
  • 令和2年10月 静岡県産婦人科医会理事

クリックで表示 ▼

【平成22年11月】
第120回日本産婦人科学会関東連合地方部会(口演)優秀演題賞受賞
【平成23年4月1日〜4月7日】
東日本大震災 日本産婦人科学会災害派遣順天堂第3陣
日本産婦人科学会ボランティア賞受賞
【平成26年6月】
第24回 日本産婦人科・新生児血液学会学術集会 シンポジスト

クリックで表示 ▼

日本産婦人科学会、日本周産期新生児学会、日本超音波医学会、日本周産期新生児血液学会、 日本産婦人科代謝栄養研究会

クリックで表示 ▼

  1. Yorifuji T, et al. 2-Methoxyestradiol ameliorates glucose tolerance with the increase in β-cell mass in db/db mice. J Diabetes Investig. 2011; 2: 180-5.
  2. Yorifuji T, et al. Balloon tamponade in atonic bleeding induces uterine contraction: attempt to quantify uterine stiffness using acoustic radiation force impulse elastography before and after balloon tamponade. Acta Obstet Gynecol Scand. 2011; 90: 1171-2.
  3. Yorifuji T, et al. Time spatial labeling inversion pulse magnetic resonance angiography in pregnancy with adenomyosis. J Obstet Gynaecol Res. 2013; 39: 1480-3.
  4. Yorifuji T, et al. Effectiveness of delayed absorbable monofilament suture in emergency cerclage. Taiwan J Obstet Gynecol. 2014; 53(3): 382-4.
  5. Yorifuji T, et al. Evaluation of the effectiveness of metreurynters for balloon tamponade. Hypertension Research in Pregnancy. impress
  1. 伊藤 茂, 依藤 崇志. 【胎児・新生児の神経系の評価】 画像診断 胎児の神経系の正常 発達の画像診断. 周産期医学 (0386-9881)36 巻 10 号. Page1243-1247(2006.10).
  2. 依藤 崇志, 竹田 省. 【産前・産後のマイナートラブル解決法 33】産前編. むくみ(浮腫), 体重増加, 静脈瘤. ペリネイタルケア (0910-8718)29 巻 5 号. Page445-448(2010.05).
  3. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【周産期の血液をめぐる話題-母体・胎児編】 母体の血液異常 産科 DIC. 周産期医学 (0386-9881)41 巻 8. Page1026-1030(2011.08).
  4. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【インスリン抵抗性と妊娠】 糖尿病合併妊娠とインスリン抵 抗性. 産科と婦人科 (0386-9792)79 巻 1 号. Page51-56(2012.01)
  5. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【周産期医学必修知識(第 7 版)】 産科編 (Part III) 分娩・ 産褥 産科異常・疾患 産科ショック・出血対策. 周産期医学 (0386-9881)41 巻増刊. Page339-342(2011.12).
  6. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【分娩 3 期、4 期の取り扱い】 頸管裂傷. 産科と婦人科 (0386- 9792)79 巻 5 号. Page587-594(2012.05)
  7. 小泉 朱里, 依藤 崇志, 他. 前期破水による緊急帝王切開術後に腹腔内ドレナージ術を 要した重症子宮創部感染の1例. 東京産科婦人科学会会誌 (2186-0599)61巻1号.Page137- 140(2012.04).
  8. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 救急疾患への対応 産科救急疾患. 救急・集中治療医学レビュ ー 2012-13. Page262-270(2012.02).
  9. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 産婦人科当直医マニュアル-慌てないための虎の巻】 産科編 緊急対応を要する分娩時・分娩後疾患 大量出血/ショック. 臨床婦人科産科 (0386-9865)67 巻 4 号. Page122-133(2013.04).
  10. 高橋 七瀬, 依藤 崇志, 他. 妊娠18週で胎児死亡となった部分胞状奇胎の1例. 東京産 科婦人科学会会誌 (2186-0599)62 巻 4 号. Page637-641(2013.10).
  11. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【産婦人科手術 Up to Date】 (第 1 章)産科 後産期出血 後 産期出血におけるBalloonTamponadeの位置づけ. 産科と婦人科 (0386-9792)81巻Suppl. Page57-63(2014.03).
  12. 依藤 崇志, 竹田 省, 他. 【周産期における出血対策と輸血】 母体出血対策 子宮内バ ルーンタンポナーデ法による止血. 周産期医学 (0386-9881)44 巻 5 号. Page569- 573(2014.05)
  13. 依藤 崇志, 板倉 敦夫, 他. 産婦人科領域における血栓塞栓症 up to date 妊娠・分娩・ 産褥期の血栓塞栓症予防法の課題. 日本産婦人科・新生児血液学会誌. 24(1): 5017-5018 2014.
  14. 依藤 崇志. 【切迫早産と早産のTHEマネジメント 薬剤治療、入院管理にエビデンスは?】 その出血、本当に切迫早産? 常位胎盤早期剥離との鑑別. ペリネイタルケア (0910-8718)37巻2号 Page156-160(2018.02)

クリックで表示 ▼

  1. 竹田 省, 依藤 崇志. 陳旧性会陰裂傷.OGSNOW7. 子宮奇形・膣欠損・外陰異常・性別 適合の手術. メジカルビュー社. 2011.
  2. 依藤 崇志, 竹田 省. 帝王切開瘢痕部妊娠. OGS NOW 10. 産科大出血. メジカルビュー 社. 2012.
  3. 依藤 崇志, 竹田 省. 頸管裂傷、産褥出血、弛緩出血. 産科診療マニュアル. 日本医学館. 2013.
  4. 依藤 崇志, 板倉敦夫.Q31 経腟分娩後の過多出血(PPH)に対する止血法と,その順序 について解説してください.産科診療 Q&A 一つ上を行く診療の実践. 中外医学社. 2015.
  5. 依藤 崇志, 竹田 省. 弛緩出血 (経腟分娩). OGS NOW 22. 手術を要する産婦人科救急. メジカルビュー社. 2015.

クリックで表示 ▼

【平成23年7月】
マタニティーベビーフェスタ 2011「妊婦と放射線」パシフィコ横浜
【平成23年8月】
日本マタニティーフィットネス協会「妊婦と放射線」
【平成23年10月】
マタニティーフィットネスコンベンション in 関西「妊婦と放射線」
【平成24年2月】
加齢と代謝研究会 2012「2Mwthoxyestradiolの膵β細胞保護効果」 山の上ホテル 東京
【平成24年3月】
埼玉医科大学総合医療センター「妊婦と放射線」
【平成24年5月】
日本産婦人科医会西多摩地区医師会「妊婦と放射線」
【平成24年12月】
第116回日本産科麻酔科学会 リフレッシャーコース「妊婦と放射線被曝」
【平成26年4月】
第66回日本産婦人科学会学術講演会ワークショップ18 産科出血の管理 「メトロイリンテルを用いたバルーンタンポナーデ法により止血を試みた産科出血の89例」
【平成26年6月】
第24回日本産婦人科・新生児血液学会学術集会 シンポジウム2
産婦人科領域における血栓塞栓症のup to date「妊娠・分娩・産褥期の血栓塞栓症予防法の課題」
依藤 弘志

依藤 弘志Hiroshi Yorifuji

私はこれまでの32年間を、神戸大学付属病院、兵庫県立尼崎病院、静岡市立静岡病院の産婦人科に勤務し、子宮や卵巣の良性・悪性腫瘍や、正常妊娠とその分娩、異常妊娠、異常分娩、ハイリスク妊娠とその分娩など、多くの婦人科と産科疾患の診療に携わってきました。(その中には、非常に稀な症例や母児の救命に一刻を争う症例も少なくありませんでした。)

その後の9年間は、予防医学の中で婦人科健康診断を行いつつ、僅かながらに婦人科の一般診療(主には無月経、月経困難症、月経前緊張症などの月経異常や更年期障害、骨粗鬆症などの診療)を行ってまいりました。

今後は依藤産婦人科医院において、婦人科一般診療を担当し、「地域女性のかかりつけ医」として、身近で相談しやすい、温かく丁寧な診療を心掛けて、少しでも地域医療のお役に立てればと考えております。

  • 日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医
略歴
  • 昭和49年3月 昭和大学医学部卒業
  • 昭和49年6月 神戸大学産科婦人科学教室入局
  • 昭和50年11月 兵庫県立尼崎病院 産婦人科勤務
  • 昭和55年4月 静岡市立静岡病院 産婦人科勤務
  • 昭和59年6月 静岡市立静岡病院 産婦人科医長
  • 平成元年4月 静岡市立静岡病院 臨床栄養科科長兼任
  • 平成18年4月 医療法人聖仁会 静岡健診クリニック 理事長
  • 平成19年11月 医療法人聖仁会 聖隷静岡健診クリニック 副理事長
  • 平成25年4月 社会福祉法人 聖隷静岡健診クリニック勤務
森 真理

非常勤/新生児科医森 真理Mari Mori

私は、医師になり、順天堂大学小児科学講座入局後、研修医時代に依藤崇志先生と出会いました。それから、12年にわたり、母体の管理をする依藤先生と、どのタイミングでの介入が、母体はもとより、お腹の中のお子様や出産後のお子様にベストな選択であるか、頭を悩ませ、一緒に仕事をしてきました。
今回、依藤産婦人科医院の設立にあたり、妊娠、出産だけでなく、産後を通してご両親、お子様のサポートをするという理念に共感し、微力ながらお手伝いさせていただくことになりました。
十分なご説明と安全な医療をご提供し、お子様が健康で、ご両親がほっとできるような医療を行っていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
  • 医学博士
  • 順天堂大学小児科学講座 助教
  • 日本小児科学会認定 専門医
  • 日本周産期新生児学会認定 新生児専門医
  • 日本周産期新生児学会 新生蘇生法普及事業 認定インストラクター
略歴
  • 平成15年3月 北里大学医学部卒業
  • 平成15年4月 順天堂大学小児科学講座入局
  • 平成22年より順天堂大学医学部付属順天堂医院NICU、順天堂大学静岡病院 NICU勤務。
  • 平成26年 医学博士授与
松沼 佳代子

非常勤/麻酔科医松沼 佳代子Kayoko Matsunuma

私は麻酔科医として総合病院に勤務する傍ら、2児の母でもあります。産科麻酔を経験していく中で、縁あって依藤先生に声をかけていただきました。妊娠中であれば、どなたでも帝王切開術となる可能性があります。母児ともに安心安全なお産となるよう微力ながらお手伝いをさせていただけたらと思っております。よろしくお願いいたします。
  • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
略歴
  • 2006年 自治医科大学医学部卒業
  • 2011年 聖隷三方原病院麻酔科勤務
  • 2015年〜2018年 渡米(留学に帯同)
  • 2019年 静岡赤十字病院麻酔科勤務
田中 里美

非常勤/産婦人科医田中 里美Satomi Tanaka

妊娠・出産は人生の大きなイベントです。命の一つ一つにドラマがあります。幸福なストーリーもあれば、残念ながらそうでないこともあります。産科医として無力さを感じる現場に直面することもあります。しかし、生命の誕生に魅了され、自分の知識・技術の向上を目指し、これまで周産期医療に携わってまいりました。

依藤崇志先生は私が専攻医時代から大変御世話になり、尊敬する先輩です。今回、依藤産婦人科医院でご一緒に働けることに感激しております。周産期センターで培ってきた経験を活かし、少しでも皆様のお役に立てればと思っております。わかりやすい説明と安心で安全な医療が提供できるように頑張りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

  • 医学博士
  • 順天堂大学産婦人科学講座 助教
  • 産婦人科専門医
  • 日本周産期新生児学会 母体胎児専門医
  • 日本超音波医学会 超音波専門医
略歴
  • 平成17年3月 順天堂大学医学部卒業
  • 平成19年4月 順天堂大学産婦人科学講座入局
  • 平成19年10月 順天堂大学医学附属静岡病院
  • 平成21年4月 順天堂大学大学院医学研究科入学
  • 平成21年9月 University of Alberta, Edmonton, Canada留学
  • 平成23年9月 順天堂大学医学部附属順天堂医院
  • 平成24年4月 順天堂大学医学部附属練馬病院
  • 平成25年3月 順天堂大学大学院医学研究科卒業 医学博士授与
  • 平成26年4月 国立成育医療センター 産科フェロー
  • 平成28年7月 順天堂大学医学部附属静岡病院
稲垣 徹訓

非常勤/産婦人科医稲垣 徹訓Tetsunori Inagaki

私は周産期新生児医療を志して医師になり、依藤崇志先生にご指導を頂きながら、順天堂医院及びその関連病院にて周産期医療に携わってまいりました。その間に、伊豆大島において離島医療を経験したことにより、安全な周産期医療をより意識するようになりました。安全安心な周産期医療を確立するためには、妊娠されている妊婦様の理解も必要となります。現代社会ではネットでどんなことでも検索でき便利な時代になった一方で、誤った情報、過度な説明が氾濫しており、誤った理解をされる患者様も多くいらっしゃいます。そのような中で、何が正しい情報なのかを患者様の目線に立って考え、適切な医療をご提供できるよう心がけて参りたいと思います。お腹の中のお子様の姿勢によっては、診察時間がかかり妊婦様の負担になることもありますが、つらい時や気分が悪いときは、ご遠慮無くお声がけいただければと思います。分らない事があればその都度説明させていただきますので、よろしくお願いいたします。

  • 医学博士
  • 母体保護法指定医師
  • 産婦人科専門医
  • 日本周産期新生児学会 母体胎児専門医
略歴
  • 平成17年3月 東海大学医学部医学科卒業
  • 平成19年 順天堂大学産婦人科学講座入局 越谷市立病院産婦人科勤務
  • 平成22年 順天堂大学医学付属順天堂医院産婦人科
  • その後、成育医療センター産科麻酔科、沖縄県立八重山病院産婦人科、大島医療センター勤務
  • 平成26年 医学博士授与
  • 平成26年4月 大島医療センター産婦人科勤務
  • 平成28年4月 池袋クリニック勤務
  • 令和元年 おおたレディースクリニック勤務
白井 洋平

非常勤/麻酔科医/産婦人科医白井 洋平Yohei Shirai

私は依藤先生と同じ順天堂大学にて産婦人科を研修したのち、より安全な医療を提供したいとの思いから麻酔科での研修を受けました。
現在は麻酔科医、産婦人科医として勤務しております。

依藤産婦人科では院長の目指す安心安全な医療の提供のため、主に産科麻酔を担当させていただいています。
患者様が不安なく笑顔で過ごせるようにサポートさせていただきますのでよろしくお願いします。

  • 麻酔科標榜医
  • 日本産科婦人科学会 専門医
  • 日本乳がん検診制度管理中央機構
  • マンモグラフィ読影認定医
  • 乳がん検診超音波検査実施・判定医
略歴
  • 平成15年 順天堂大学卒業・同産婦人科学講座入局、越谷市立病院、賛育会病院、順天堂浦安病院などで勤務
  • 平成21年 順天堂大学大学院卒業 医学博士授与
  • 平成28年 東京都保健医療公社 東部地域病院 麻酔科勤務
松岡 修平

非常勤/麻酔科医松岡 修平Shuhei Matsuoka

  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本東洋医学会専門医
  • 日本ペインクリニック学会 会員
略歴
  • 平成14年東京医科大学医学部卒業
  • 平成14年東京医科大学麻酔科入局
  • 平成26年東京医科大学麻酔科 非常勤講師
  • 平成26年松岡医院勤務

ページトップ

診療予約

TEL:054-209-6601