依藤産婦人科医院 | YORIFUJI LADIES CLINIC

超音波スクリーニング外来

外観写真 赤ちゃんの3D画像

日々の健診の中では、毎回超音波検査を行い、赤ちゃんの大きさや羊水の量などを確認していきます。しかし通常の健診だけでは限界があるため、妊娠期間中に1回もしくは2回、お子様に構造的な病気がないかどうか、時間をかけてしっかりと超音波検査を受けていただくことが大切です。

当院では、超音波専門医が妊婦健診時の超音波検査に加えて、妊娠20週前後と30週前後に、赤ちゃんの臓器などに構造的な異常が無いかチェックします。この2回の超音波スクリーニング検査をお受けいただくことにより、出生直後より赤ちゃんの状態が急激に悪化していくような、重症疾患のほとんどをチェックすることができます。

超音波スクリーニング検査は、異常が無いことを確認していく外来です。もし異常が認められた場合には、適切な施設でのご出産や、生後の治療を行える病院をご紹介させていただきます。(静岡市の方は、静岡県立こども病院にご紹介させていただきます)異常の内容によっては、出生後の赤ちゃんの急変が考えにくく、早期の治療が必要ないものもあり、その場合には当院で出産が可能です。退院後に適切な病院へご紹介させていただきます。

  • 他院通院中の方の、胎児スクリーニング検査のみの受診はお受けしておりませんのでご了承ください。
  • 他院通院中の妊婦様で、前のお子さんが重症の病気であった方、今回のご妊娠で心配な所見が認められている方の精査は行っておりますので、ご相談ください。
  • 胎児スクリーニング検査をご希望されない場合は、お受けいただかないことも可能です。
  • 胎児の構造異常を診断する検査のため、ダウン症候群のような染色体異常を疑うことはできても、診断することはできません。
  • 出生直後から厳重管理が必要な疾患の検出が主な目的です。指先や心臓にあいた小さい穴など、超音波検査では見つけにくい構造異常も多く存在します。