依藤産婦人科医院 | YORIFUJI LADIES CLINIC

医師の紹介

外観写真
依藤崇志 依藤崇志 | Takashi Yorifuji

新しい命の誕生は、ご家族様の幸せな日々の大切な1ページとなります。その瞬間に立ち会えること、かけがえのない大きな喜びに包まれた現場が好きで産科医をやってまいりました。

しかし妊娠・出産は、急に母子ともに危険な状態に陥ることがあります。私は、妊婦様がもつそのリスクを可能な限り回避させ、不安以上に安心をご提供したいと思います。リスクをご説明することは、大事なことです。しかしそれは、私たち医療者の免責のためではなく、妊婦様、ご家族様、そして医療者が、一緒にそのリスクを共有し、それに備えることで、リスクに伴う不安よりも、備えによる安心をご提供するためだと私は考えます。そして皆様の快適なマタニティライフと出産のお手伝いをさせていただきたいと思います。

私は、産科医としての究極的使命は、妊娠・出産・育児を通して、お父様とお母様がお子様への愛情を育む過程を支えていくことだと考えています。ご両親様からの限り無い愛情は、生まれてくるお子様の健やかな成長に欠かせません。そしてこれは世代を超えて、また次の世代へ受け継がれていく大切なことです。

近年、産後うつや父性・母性の構築不足から、育児放棄、乳幼児虐待となるケースを耳にします。特に産後うつは、本人の苦痛だけでなく愛着障害と関連し、お子様の心の発達に影響を及ぼすことが知られています。妊娠中から産後を通した、お母様のメンタルヘルスケアは重要です。当院で出産されたお母様、出生されたお子様が、そのようなことにならないようにサポートさせていただくことも、私達の大切な役割です。

きめ細やかな診療に心掛け、ご相談しやすい医院をご提供いたします。そのための知識と環境の充実、これこそが次世代の産婦人科医療に求められるものであり、最大のアメニティーと考えます。

クリニックを開設します「上足洗」の地は、昔「千代田村」の一部でございました。生まれてくる子供達が十や百の代ではなく、千の代まで健やかに長生きできますように、そんな願いを込めております。よろしくお願い申し上げます。

◉医学博士 ◉母体保護法指定医 ◉順天堂大学産婦人科学講座 非常勤准教授 ◉日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医 ◉日本周産期新生児学会認定 母体胎児 専門医/指導医 ◉日本超音波医学会認定 超音波専門医 ◉日本周産期新生児学会 新生蘇生法普及事業 認定インストラクター ◉NPO法人日本周産期医療支援機構 プロバイダーコース認定 インストラクターコース受講

略歴

◉平成15年3月 順天堂大学医学部医学科卒業 ◉平成15年4月 順天堂大学産婦人科学講座入局 ◉平成15年10月 賛育会病院 産婦人科勤務 ◉平成16年10月 埼玉医科大学総合医療センター 母子周産期センター勤務 ◉平成17年10月 順天堂大学静岡病院 NICU 新生児科勤務 ◉平成18年1月 順天堂大学医学部付属順天堂医院 産婦人科勤務 ◉平成19年4月 順天堂大学大学院 外科系産婦人科学講座入学 ◉平成22年3月 順天堂大学大学院卒業 医学博士授与 ◉平成22年4月 順天堂大学産婦人科学講座 助教 ◉平成26年7月 順天堂大学産婦人科学講座 非常勤助教 ◉平成29年4月 順天堂大学産婦人科学講座 非常勤准教授


依藤弘志 依藤弘志 | Hiroshi Yorifuji

私はこれまでの32年間を、神戸大学付属病院、兵庫県立尼崎病院、静岡市立静岡病院の産婦人科に勤務し、子宮や卵巣の良性・悪性腫瘍や、正常妊娠とその分娩、異常妊娠、異常分娩、ハイリスク妊娠とその分娩など、多くの婦人科と産科疾患の診療に携わってきました。(その中には、非常に稀な症例や母児の救命に一刻を争う症例も少なくありませんでした。)

その後の9年間は、予防医学の中で婦人科健康診断を行いつつ、僅かながらに婦人科の一般診療(主には無月経、月経困難症、月経前緊張症などの月経異常や更年期障害、骨粗鬆症などの診療)を行ってまいりました。

今後は依藤産婦人科医院において、婦人科一般診療を担当し、「地域女性のかかりつけ医」として、身近で相談しやすい、温かく丁寧な診療を心掛けて、少しでも地域医療のお役に立てればと考えております。

◉日本産婦人科学会認定 産婦人科専門医

略歴

◉昭和49年3月 昭和大学医学部卒業 ◉昭和49年6月 神戸大学産科婦人科学教室入局 ◉昭和50年11月 兵庫県立尼崎病院 産婦人科勤務 ◉昭和55年4月 静岡市立静岡病院 産婦人科勤務 ◉昭和59年6月 静岡市立静岡病院 産婦人科医長 ◉平成元年4月 静岡市立静岡病院 臨床栄養科科長兼任 ◉平成18年4月 医療法人聖仁会 静岡健診クリニック 理事長 ◉平成19年11月 医療法人聖仁会 聖隷静岡健診クリニック 副理事長 ◉平成25年4月 社会福祉法人 聖隷静岡健診クリニック勤務


森真理 森真理 | Mari Mori

私は、医師になり、順天堂大学小児科学講座入局後、研修医時代に依藤崇志先生と出会いました。それから、12年にわたり、母体の管理をする依藤先生と、どのタイミングでの介入が、母体はもとより、お腹の中のお子様や出産後のお子様にベストな選択であるか、頭を悩ませ、一緒に仕事をしてきました。
今回、依藤産婦人科医院の設立にあたり、妊娠、出産だけでなく、産後を通してご両親、お子様のサポートをするという理念に共感し、微力ながらお手伝いさせていただくことになりました。
十分なご説明と安全な医療をご提供し、お子様が健康で、ご両親がほっとできるような医療を行っていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

◉医学博士 ◉順天堂大学小児科学講座 助教 ◉日本小児科学会認定 専門医 ◉日本周産期新生児学会認定 新生児専門医 ◉日本周産期新生児学会 新生蘇生法普及事業 認定インストラクター

略歴

◉平成15年3月 北里大学医学部卒業 ◉平成15年4月 順天堂大学小児科学講座入局 ◉平成22年より順天堂大学医学部付属順天堂医院NICU、順天堂大学静岡病院 NICU勤務。 ◉平成26年 医学博士授与


森真理 森真理 | Mari Mori

患者様が笑顔で一歩を踏み出せる助けとなりたい。そう願い、麻酔科医として働いていきました。これまで、新生児から成人に渡る幅広い年齢層の手術麻酔、集中治療に携わり全身管理を学んできました。 経膣分娩では難しいと判断された場合、帝王切開を行います。帝王切開を受けるときの麻酔は脊椎麻酔と呼ばれ、背中の腰のあたりに注射を行います。手術の前には患者様の体の状態を把握し、手術中には血圧や脈拍など容態を監視し、問題なく手術を終わらせることが麻酔科医の仕事です。
お母様とお子様、一人一人に対し最善の方法を考え、安全第一の優しい医療を行っていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

◉麻酔科標榜医 ◉麻酔科認定医

略歴

◉平成21年 滋賀医科大学卒業 ◉平成23年 名古屋市立大学病院麻酔科勤務 ◉平成26年 松波総合病院勤務 ◉平成27年 静岡市立静岡病院非常勤勤務