*/

依藤産婦人科医院 | YORIFUJI LADIES CLINIC

当院における、お産に対する考え方

外観写真

当院では、「お母様とお子様」の安全を第一に、ご家族様のご希望されたバースプランに沿った、自然なお産、そしてスムースなお産を目指しております。

バースプランとは、お産の時にやってみたいことを考えていただくものです。『お産がはじまったらこうして過ごしたい』『誰と一緒に過ごしたい』『こういうサポートをしてほしい』お産の時のことだけでなく、『こんな妊娠生活を送りたい』『こんな育児がしたい』など、妊娠・出産・育 児について広く、具体的にプラニングしていただくことです。

日々の健診では、診察以外にもこのバースプラン作りをお手伝いさせていただき、 私達スタッフもご家族様と一緒にこれを共有させていただきます。

ただし、「お母様とお子様」の安全を守ることが第一ですので、ご希望に添えないことがあるかもしれません。「お母様」と「お子様」にとっての安全を最優先にした上で、どのようなことができるのか、一緒に考えていきましょう。

イラスト

また、ご家族様のご事情などで計画分娩を望まれる場合や、医学的な必要性がある場合を除いて、陣痛促進剤を用いた分娩誘発、分娩促進は行いません。自然の陣痛に勝るものはなく、必要以上の医療的介入は行いません。

この医学的な必要性とは

①「羊水が極端に減ってきてしまった」 ②「破水をしたが、陣痛が来ない」 ③「赤ちゃんの元気具合が心配」 ④「なかなか陣痛が来ず、予定日から1週間以上経過した」 などに該当する場合であり、無事に元気な赤ちゃんを出産していただくために、陣痛促進剤が必要なケースもございます。また、自然に陣痛が 来たけれど、途中で弱くなってきてしまい、お産が停滞する場合にも必要になることがあります。

お産はお母様の数と同じだけ、それぞれ違ったお産があります。その上、ご希望されるバースプランを含めますと、より沢山のバリエーションができます。一生にそう何度もないお産に対して、ご家族様の印象に残る素敵なお産を、皆様と一緒に創っていきたいと思います。

なお、下記にお示しいたします「当院で分娩を承れない場合」に該当するハイリスク妊娠では、誠に申し訳ありませんが、分娩予約をお引き受けできません。ご不明点がございまし たら、ご遠慮なくお尋ねください。

当院で分娩を承れない場合

  • 宗教上の理由などで輸血や医療行為を拒む場合
  • 一部の内科疾患(インスリンが必要な糖尿病、コントロール不良な甲状腺機能亢進症、膠原病など)をお持ちの場合
  • 軽度ではないうつ病や、メンタルのお薬を複数飲んでいる場合
  • 複数回のお腹の手術既往がある場合
  • 非妊時BMIが27以上の場合
  • その他当院がハイリスクと判断した場合
  • 過去に子宮筋腫の手術(一部除く)や、帝王切開を受けられた妊婦様で、経腟分娩をご希望なさる場合(全例帝王切開で対応させていただきます)